小さなお子さんのご来店

更新日:10月8日

こんにちは

Gelateria72です

まだまだ陽気な日々が続き、東北から移住してきた私たちにとっては10月では信じられない気温に仰天しております


そして、熱中症にはまだまだ注意をしなくてはいけないな〜と思っているところです


ところでGelateria72にはご高齢の方から小さなお子さんまで年齢に関わらずたくさんのお客様にご来店をいただいております

今回はその中でも「小さなお子さんのご来店」について皆さんに聞いてもらいたいことがあるので書いてみました

結論から言うと小さなお子さんがご来店すると店員は結構楽しんでおります

と言うのも

来店早々にショーケースを覗き込むその姿

お連れの方は後ろ姿しか見れないかと思いますが


店員側からはショーケースを覗き込み、ジェラートを真剣に見つめる眼差しと

何にしようか右に左にと首と体を目一杯動かして考える姿をみることができます

それがなんともかわいいこと・・・と思いながら楽しんでおります

中には手と顔をショーケースにペタッと貼り付けて見つめてくださるお子さんも・・・

どうぞ貼りついてください!笑

ジェラートを作っている製造担当はショーケースを見ても楽しんでいただけるように盛り付けているつもりです

「そんなに見つめてくれてありがとうという」と言いたくなります



次に小さなお子さんが来店すると店内が賑やかになります

「ぎゃー」とか「わー」とか1日に何名の怪獣さん(お子さん)が店内を賑やかにしてくれていることでしょうか

ジェラートはやっぱり賑やかに食べたいですよね

そして、言葉を話せるようなお子さんの中には

「おいし〜〜」って叫んでいただけることも

お子さんの舌はごまかしが効かないと信じている私たちにとってこれほど嬉しいことはありません

少しお子さんとは関係はありませんが、イタリアでごった返しているジェラート店では

店員さんが

「次の人〜〜」

「ミルクとチョコ注文した人誰〜〜?できたよ〜」

とか叫んでいるのを見たことがあります

本当に叫んでいるのです

とても賑やかで活気があり、そんな雰囲気は素敵だな〜と思います

なので、お子さんの声はGelateria72にとっては活気になります

小さなお子さんとデートの日にはぜひ息抜きにお立ち寄りください

そして、このブログをご覧いただきました皆様には

怪獣さんがいても(小さなお子さんが叫んでも)暖かく見守っていただけたら嬉しいです

最後に少しでもお子さんと楽しい時間を過ごしていただくために

当店ではお子様がジェラートで汚してもいいようにキッズチェアをご用意しております

それと、奥側の壁側の白い椅子は汚しても大丈夫な生地にしております

小さなお子さんが当店のジェラートを食べるとほぼ確実に垂らします

そして、口周りがアイスだらけになります

それもそのはず

当店のジェラートは最高の舌触りにするために溶けるか溶けないかギリギリのラインの温度で調整しているからです

お子さんにとってかなり難敵だと思います

と言うことで安心して汚してください

(お洋服の汚れは対応し切れません・・・笑)

そして、汚れたら遠慮なく店員にお申し出くださいませ

最後に・・・

お子さんとの楽しい日常に少しでも寄り添えたら嬉しいです

そして、ぜひショーケースに貼りついてください!!


閲覧数:123回

最新記事

すべて表示